飲食業界で出世を狙う

【おすすめ記事】

人材不足の介護業界

出世が狙える飲食業界

出世が狙える飲食業界

管理職を目指して飲食業界に挑戦

年齢不問の業界として人気の高い飲食業界について紹介します。長時間労働とそれに見合わない給与、いわゆるブラックな業界としてイメージされることの多い飲食業界ですが、確かに一部のブラック企業や個人経営の飲食店の場合、そのようなケースも存在します。しかし、きちんとブラック企業を避け、全国展開している大手企業のマネージャーになれば高い年収を手に入れることができます。さらに大手企業の場合は福利厚生もしっかりしているため、生活も安定します。
また、外食ベンチャー企業で働き、スピード出世を狙うという方法もあります。ベンチャー企業への就職はリスクが大きい面もありますが、しっかり調査したうえで企業を選び、結果を出していけば早い段階での出世が望めます。個人経営や地元密着型の飲食店でも給与の面で優れているケースがありますが、その中で店長やマネージャーという役職の求人は人気が高く、募集の数も限られているのでなかなか難しい面があるかもしれません。
冒頭で記述した通り飲食業界にはブラックと呼ばれる職場が確かに存在します。そのため、飲食業界を狙う場合はしっかりとした下調べが必要になります。キャリアプランの明確化や面接での質問などしっかりと準備をしたうえで、環境の整った職場を見極めましょう。

福利厚生について

サービス業なので、休日に関しては不定期になりやすいと言えます。もし週に2日しっかり休みたいなどの希望がある場合は、事前にその旨を伝えておく必要があるでしょう。また、しっかりと残業代が払われるかどうかを確認しておくことも大切です。その他の福利厚生に関しては企業の規模によりますが、大手企業であれば基本的な福利厚生の他にも様々なメリットが用意されているケースが多いでしょう。

チャンスを活かして出世できる

食事は人間が生きていくうえで必要不可欠なものです。この先、飲食業界自体が成り立たなくなるようなことはないでしょう。人材不足な業界でもありますので、需要は非常に高いです。飲食業界の経験はなくとも、前職で現場の指揮を執ってプロジェクトを管理していたなどの経験があれば、マネージャー候補として歓迎されるでしょう。
現場の指揮や管理など、動きながら仕事をすることが多いためある程度の体力は必要となります。定年まで働けるか不安という人もいるかもしれませんが、結果を出せば本部の課長や部長など、役職付きのポストに出世することも可能です。業界自体の将来性ももちろんですが、自分自身の将来性についても、結果を出すことによってどんどんチャンスを広げることのできる業界です。

2017.11.30

お知らせ

人材不足の介護業界

高齢化が進む日本において需要が高まり続けているのが介護業界です。それに伴い人材不足も続いているため、年齢不問で挑戦できる環境がありながら今後も需要が高まっていくことが予想される将来性ある業界です。

年齢に関係なく働きたい方におすすめの業界とは?

当サイトでは、需要が高く将来性のある業界の中でも、年齢不問で挑戦できる業界について詳しく紹介しています。ぜひこの機会に転職してみませんか?お問い合わせに関しては【こちら】のメールフォームまでお願いいたします。

PAGE TOP