飲食業界で働く飲食スタッフの仕事

【おすすめ記事】

人材不足の介護業界

清潔感が求められる飲食スタッフ

清潔感が求められる飲食スタッフ

接客メインのホールスタッフ

まずはホールスタッフの仕事内容を紹介します。来店されたお客様を席まで誘導し、オーダーを取ります。そしてできた料理や飲み物を運び、お客様の退席後はテーブルの片づけ、会計を行います。以上がホールスタッフが主に行う仕事ですが、店舗によってはドリンクを作るのも業務範囲になる場合があります。また、簡単なキッチン業務や店内清掃も兼務する場合があります。お客様に接するポジションのため、印象が大事になります。イメージを悪くしないためにも、笑顔でハキハキとした対応と清潔感が求められるでしょう。
職場が高級な料亭やレストランの場合、接客技術だけではなく様々なマナーを身につけておく必要があります。慣れないことなので難しく感じるかもしれませんが、経験を重ねていくことでクリアできます。また、このようなマナーは仕事以外の場面でも役立つことが多いので、身につけておいて損はないでしょう。
スムーズな接客をするためにはテーブルの番号やメニューの内容を覚える必要があります。これも大変だと感じるかもしれませんが、慣れることで余裕ができればお客様とのコミュニケーションも楽しめるようになり、仕事のやりがいにつながるでしょう。大手の飲食店の場合はマニュアルがしっかり用意されているので、飲食業界が初めての人でも安心して働けます。

料理を提供するキッチンスタッフ

キッチンスタッフは、オーダーされた料理を準備するのが仕事です。最初のうちは調理補助というかたちで食材の準備や食器洗いを担当する場合もあります。キッチンスタッフとして技術と経験を積むことにより、後々は自身の店舗を持つということもできます。料理のバリエーションは数えきれないほど存在し、今では創作料理を提供する店舗が増えてきました。興味が尽きることなく働ける、奥の深い仕事です。

ファーストフード店のスタッフ

料亭やレストランとは少し異なるのが、ファーストフード店の仕事です。大手チェーンが展開するファーストフード店では細かいマニュアルが存在します。そのため未経験でも問題なく働き始めることができます。また、シフト制のため自身の都合の良い時間帯に働ける点も魅力です。
仕事内容は多岐に渡り、接客や料理の準備だけではなく、レジやドライブスルーの対応、店内清掃などを兼務しながら効率良く働くことが求められます。ファーストフードは注文してからなるべく早く提供する必要があるため忙しく働くことになりますが、頑張った分だけ評価もされやすく、自身の働きが給与アップにつながりやすいという特徴があります。

2017.12.04

お知らせ

人材不足の介護業界

高齢化が進む日本において需要が高まり続けているのが介護業界です。それに伴い人材不足も続いているため、年齢不問で挑戦できる環境がありながら今後も需要が高まっていくことが予想される将来性ある業界です。

年齢に関係なく働きたい方におすすめの業界とは?

当サイトでは、需要が高く将来性のある業界の中でも、年齢不問で挑戦できる業界について詳しく紹介しています。ぜひこの機会に転職してみませんか?お問い合わせに関しては【こちら】のメールフォームまでお願いいたします。

PAGE TOP